求人探しはイロイロ

一昔前だったらネットより求人情報誌でしたが、今は求人サイトに登録をして探すのが主流になっているようです。手持ちのスマホやパソコンで検索すればすぐヒットするので、利便性は高いでしょう。他の探し方もあります。

求人の探し方

  • インターネット
  • 求人情報誌
  • 知人や友人の紹介

医療事務と介護士の求人は初心者でも応募可能!

PC操作

どんな仕事がある?

日本は実に沢山の仕事で溢れかえっています。医療事務や介護士の求人もそうでしょう。ただ、数が多いので、条件検索ができる求人サイトの利用が主流となっています。ネットで公開されていない情報は、求人情報誌に掲載されているケースがほとんどなので合わせてチェックしてみてくださいね。また、知人や友人から紹介してもらうと、採用率アップが見込めるようです。

履歴書

働き方について

雇用期間が定められている契約社員、そういった決まりがない正社員の2パターンがあります。前者の契約社員の呼び名は、準社員、非常勤、臨時社員と様々です。正社員との大きな違いは業務時間を契約ごとに設定できること、転勤の場合も契約書に明記すれば、なしになることがほとんどです。一方、社員の場合地域を限定せず、飛ばされる傾向にあるようです。ただ、介護士の場合はパートで働けることもあります。

面接

初心者でも働ける環境

求人によっては経験者を優遇する募集項目もあります。しかし、業界未経験者も、積極的に採用する会社も存在します。このような場合は、研修制度を設けているか求人情報でチェックしましょう。あれば、事務のエキスパートが医療事務の基礎をしっかり指導します。キャリア継続においても、すでに環境が整えられているので、安心して仕事に戻れるでしょう。

求人サイトが利用される理由

女の人
no.1

新しい求人がすぐ届く

求人検索で出てこなかった施設や企業の求人は、サイト登録をすると、情報を受け取ることができます。会員登録をすれば、鹿児島や東京といった地域に密着した新着求人をメールにてお届けします。

no.2

サポートが受けられる

医療事務や介護士の経験がなくても、経験を積んでいるスタッフから、キャリアサポートを受けることが可能です。その際、条件に見合う求人情報を0円で探してくれますよ。

no.3

今までの経験をサイトに保存できる

求人探しをサイトで効率よく行なうためには、企業に自分のアピールポイントを提示することが求められます。例えば、前職の経験やスキル、履歴書や職務経歴書などがあります。これらの情報を公開することで、より早く就職先を見つけることが可能となります。

no.4

気になる求人をクリップできる

あれもこれも気になるという時に役立つのが、サイト上にあるクリック機能です。マイページで好きなだけ閲覧ができるので、求人をゆっくりと比較したい時に役立ちます。

no.5

就職に必要な情報がてんこ盛り

医療事務や介護士などの専門サイトには、就職に必要な情報を無料で公開していることが多いです。派遣がなぜ子育て中の主婦に人気があるのか、仕事で得られる給与の平均はどのくらいなのかという部分の情報収集に役立ちます。