建設の求人は初心者でも飛び込んでいける!

建設の求人は初心者でも飛び込んでいける!

建設現場

建設の仕事内容

主な仕事は、建築法に基づいた建造物設計をたてて建物を作ることです。ちょっと前までは、不景気により住宅やマンションの売れ行きがすこぶる悪かったのですが、現在は回復し、多くの建物が建築途中です。そのため、建設関連の求人も増えている状況です。

ヘルメットを持つ人

経験によって給与が上がる

建設に関わってくる大工も人気の業種となります。給与は経験やスキルに応じて大きく変わり、未経験の場合は見習いとなるので月給は10万円から15万円くらいになります。ベテランになると、900万円稼ぐ人もおり、スキルが給与に反映される点はやりがいを感じます。

新しい職場に慣れる方法

女の人

積極的にコミュニケーションをとる

建設関連や他の仕事にも言えることですが、新しい環境になれるにはまず、自分から積極的に話をすることが求められます。最初は挨拶や世間話だけでもいいでしょう。場合によっては、新人歓迎会を開いてくれるかもしれません。

わからない事は必ず聞く

未経験の場合、理解しきれない部分を放置するのは後々仕事へのミスに繋がります。建設の仕事は、たった一つの判断やミスが命取りになることもあるので、分からない事は先輩に聞くよう努めましょう。

現場の雰囲気を察知する

現場で自分だけ浮いている感じがする場合は、その場の雰囲気を掴み切れていない可能性が高いです。いくら積極的に話しかけても、比較的落ち着いた場所だと一人だけテンション高ければただのウザイやつになるだけです。それを避けるためには、場の雰囲気を弁えて行動することが大切です。

やる気を見せる

建設現場には、若い人もいれば年配の方もいます。また若手の場合は、現場で使えるようになるまで厳しく指導にあたることもあります。そのため、気が滅入ることもありますがやる気と根性を見せることができれば、一人前として認められるようになります。