高収入を目指すなら現場監督として採用されよう

とにかく大変な仕事

工事の行く末を守り、安心安全に進めるための指揮をとるのが現場監督の仕事です。体力勝負ですし、精神的にも強くなければなりません。それでも、採用を求めて多くの方が募集をしてきます。それは下記の理由が関係しています。

現場監督が人気の理由

  • 未経験から挑戦できる
  • 過去の仕事経験を生かしてスキルアップできる
  • 高収入が見込める
  • 好待遇なので安心して働ける

高収入を目指すなら現場監督として採用されよう

作業員

チャレンジしながら上を目指せる

建築や工事には、電気工事、配管工事、塗装工事など様々な分野の関係者が携わります。常識や特有の慣習、現場で飛び交う専門用語も若干違いがあるでしょう。そのような環境になれるのは非常に大変ですが、各専門家から学ぼうという姿勢が見受けられると、周りからのサポートをしっかり受けることができます。さらに、現場で経験を積めば、現場監督といったポジションに立てるでしょう。

ヘルメットを持つ人

女性も活躍している

男性だけの仕事かと思いきや、現場監督も女性を採用する動きが活発化しています。男女関係なく、仕事内容は同じですし、女性の場合事務所に寝泊りするというようなことはないようです。基本、休日は土日祝日なのでカレンダー通りに休めるのも女性に選ばれる理由です。

男女

必要なスキル

未経験で現場に飛び込むことは可能ですが、最終的に一級建築士の資格が必修となります。とはいえ、現場監督として認められるには、上手く現場を収められるようになってからです。こればかりは経験ですが、現場監督として採用されたほとんどの方が、建築業界で活躍の場を広げています。

男の人

現場監督の主な給与

平均年収は、およそ400万円前後で、平均月収は25万円ほどです。ある年収ランキングで上位に浮上しており、採用されればお金の面で苦労することはありません。20歳から60歳の方が幅広く活動しており、年齢性別問わない職業です。

求人の比較を忘れずに

現場監督の求人情報はサイトに沢山転がっています。同じ職種でも、採用する場所によって待遇が違うので、現場監督として別の企業に就職をするなら求人内容を必ず比較するようにしてくださいね。そこには、仕事で必要なスキルや給与などの欲しい情報が載っています。