保育園求人に応募する前にチェックしたい情報とは?

職場見学に行こう

無認可か、認可保育園にするか迷われている方は職場体験で、その違いを知ることができます。仕事場探しのいい情報源となるでしょう。

保育園を比較してみた

国や自治体が認めているのが認可保育園

子供一人に対して、保育士が何名つくというのが予め定められているのが特徴です。公立保育園と私立保育園に分けられ、公立の場合は公務員となります。

認められていない無認可保育園

国や自治体から認可されていないため、遊具や設備等はあまり充実しているとはいえません。場合によっては、24時間保育を求められたり、延長保育が通常より長めだったりと、スタッフに負担がのしかかることもあります。

保育園求人に応募する前にチェックしたい情報とは?

子供と先生

給与面や安全面から求人探しを行なう

無認可保育園するか、それとも認可保育園にするか、苦渋の選択を迫られますが、給与面や安全面からいうと断然公立の方がいいでしょう。ただ、公務員なので試験に突破しなければいけませんし、転勤族になる可能性もあるので、それを視野に就職先を考えなければなりません。

男女

気になる待遇

保育園の求人内容のほとんどが、長期休暇当たり前、特別休暇あり、求人は土日祝日と非常にいい待遇内容となっています。他にも、年2回の昇給&賞与があり、交通費全支給、退職金制度、社会保険もしっかり完備されています。

男性

応募への流れを見ておこう

ネットから応募をした後、採用担当者から面接日程に関する連絡が来ます。日程調整が完了したら、面接を行ないます。合否の連絡は遅くても一週間前後にくるでしょう。見事合格したら、入社の手続きを行ないます。

先生と生徒

就職率アップのカギ

保育園に就職する一番の近道は、少人数の保育のスペシャリストにしか与えられないチャイルドマスター、幼稚園教諭の資格のいずれかを取得している事です。幼稚園経論の場合、保育士としてではなく、認定のこども園で実力を発揮することが可能となります。

身の丈に合う求人に応募しよう

募集項目に資格取得している人限定だった場合、未経験では落ちる可能性の方が高いです。保育園求人の中には初心者向けの情報も提供しているので、身の丈に合った仕事をしながら実力を伸ばしましょう。